xR×技能継承

産業用シミュレーターアプリの開発

労働人口が減少する中、さまざまな業界で技能継承が重要課題となっています。「技術を教えるリソースも限られていて、OJTにも限界がある」という悩みを抱えた皆様に向けて、xRによる臨場感を駆使した技能継承のソリューションをご提案します。


重機シミュレーター

教育・訓練に利用できるプラットフォーム


人手不足が長年叫ばれて来た建設業界においては、現場のリソース不足から教育を十分に行えないことを課題に感じている企業様の声を多くいただいておりました。そこで、建設現場で使われる重機の操縦感を体験できる本格的な重機シミュレーターを開発することで、教育にかかる人的・経済的コストの削減を実現しました。本シミュレーターはVR技術を利用することで没入感と立体感を実現。旋回やアームの開閉スピードの設定などのカスタマイズも可能なため本アプリを利用した重機オペレーターの育成はもちろん、危険度が高く実践では難しかったベテランオペレーター向けの事故回避訓練でも利用していただいています。

ダンプに土を入れ、石を移動する練習

事故発生時の対応練習


カスタマイズ例


水中バックホウへのカスタマイズ
水中バックホウへのカスタマイズ
トレンチャ式撹拌混合機へのカスタマイズ
トレンチャ式撹拌混合機へのカスタマイズ

水中で作業をするバックホウの操作性や、パワーブレンダー工法で欠かせないトレンチャ式撹拌混合機の操作性を再現したカスタマイズ例もございます。重機を利用するシチュエーションや目的をお聞きしながらアプリケーション開発します。

導入事例


東亜建設工業様


東亜建設工業様で活躍する「TOTRA(高濃度軟泥圧送船)」仕様アプリを開発しました。

技術展など様々な展示会での利用を想定しており、同社の仕事を知ってもらうことを目的としています。

幅広い年齢層の方に体験していただけるよう、難易度の異なる「通常モード」と「キッズモード」を実装しています。

開発概要

  • 専用のデザインに変更
  • 2種類のモードの作成
  • OculusQuest2対応
  • ジョイスティック対応
  • マニュアル作成 等

開発期間:約3ヶ月 2021年3月納品

体験版アプリケーション


重機シミュレーターアプリ「重機でGO」

本シミュレーターは、基礎的な重機の操作性を体験できるアプリ「重機でGO」としてリリースされています(Android、iOS対応)。無料で利用できるので、ぜひお試しください。


オンライン学習ツール

TRI-ARROWハンズオン・ラボ


長くエンジニアリング業界の現場を見てきた私たちは、資格などの体系的な知識はもちろんのこと、実際の業務をする上でそれらの知識をどのように使うかを知ることが大切だと考えてきました。そこで生まれたのが社内教育ツール「TRI-ARROWハンズオン・ラボ」です。このオンライン学習ツールはDockerを使って構築されており、その名の通りハンズオンで実際に手を動かしながら仮想環境でシミュレーションをすることに重点を置いた設計になっています。

 

特にサーバー構築や保守、セキュリティなどと言った業務においては、本番環境での失敗が許されません。ですので、仮想環境において「思う存分に失敗ができる」環境がエンジニアの実践的な学びにも繋がると考えます。

 

御社の社内教育において、より実践度を高める学習環境とコンテンツづくりのお手伝いをします。

進捗状況の確認画面
進捗状況がわかるメニュー画面
Linuxコマンドメニュー入力画面
Linuxコマンドメニュー入力画面

ハンズオンラボのコアアーキテクチャ


Dockerコンテナによる独立サーバ環境の提供イメージ

シングルユーザーの場合

ユーザーが1人の時のDockerコンテナ立ち上がりのイメージ図

選択されたコンテンツに基づき、Dockerコンテナが1ユーザーにつき1つ立ち上がります。

マルチユーザーの場合

複数のユーザーが利用した際のDockeコンテナの立ち上がりイメージ図

複数端末が同時にログインした場合は、ログインユーザーごとに1つのDockerコンテナが割り当てられます。他のユーザーとは独立した環境になるため、ユーザーから見ると自分だけのサーバー環境が提供されているように見えるため、セキュアな環境で学習することができます。

Linuxコマンド入力画面のバックエンド

一般的なWebサーバーでは、Linuxコマンドをインタラクティブに動作させることは困難でしたが、下図の仕組みを構築することでLinuxコマンドを作り出すことを実現しました。

Linuxコマンド入力画面のバックエンドの仕組み