AR 空間測量アプリ「キャパシル」

「キャパシル」は当社が開発したAR(拡張現実)技術を用いた生コン打設量計算支援アプリです。


余りコンの大量廃棄の問題を解決


建設業界の現場において、生コンクリートの過剰発注とそれに伴う大量廃棄は以前から解決すべき課題として認識されていました。また、昨今では生コン価格も上昇しており、余りコンの問題は経済的な負担ともなっています。そうした問題を解決すべく開発されたのが「キャパシル」です。

キャパシルの仕組み

測定したい空間をiPadで撮影し、ピンを配置すると体積が計算されます。

余りコン(残コン/捨てコン)が発生するリスク

計測作業の手間

ベテランであればメジャー等で実測して算出できるが、若手は慣れるまで時間を要する。近年ではそもそも建設業界の人手不足で、作業時間を取ることができない。

数量不足時の作業時間延長

仮に発注した生コンクリートの量が足りなかった場合、コールドジョイントが発生し、余計に作業時間がかかってしまうリスクがある。

過剰発注

上記2つのことから、「足りなくなるよりは」という意識が働き過剰発注が発生。

「キャパシル」は正確さと手軽さのバランス感覚に優れた設計。簡単な操作でおおよその体積が把握できるため、過剰な発注を防ぐことができます。

「キャパシル」の主な特徴


手軽に測量

その場ですぐに測量が可能。現場情報を入力する等の事前準備は必要ありません。

オフラインで利用可能

アプリをインストール後は、オフラインでどこでも利用可能。電波の届きにくいエリアでの測量も支援します。

測定結果の合算

プロットデータの合算が可能。測定エリアが分かれていても、まとめて数量を算出できます。

 


ピクチャーモードとアラウンドモード

ピクチャーモード

測定範囲を撮影してから画像にプロットするモードです。狭小エリアの測定に向いています。

アラウンドモード

AR画面に直接プロットするモードです。広範囲のエリアの測定に向いています。


「キャパシル」のデモ動画